糖尿病により、高血糖状態が続き

糖尿病により、高血糖状態が続きwww.kirkmarkarian.com

医療や薬の事には全く無知

2人の子供を持つ母親です。
私は、アトピーやぜんそく症状が出るほどではありませんが、果物を食べると声が出にくくなったり痒くなったりする、果物に対してのアレルギーや、花粉症のアレルギーがあり、季節の変わり目や特に春先は、とても辛い思いをしていました。

 

ある日のことでした。メロンを食べた瞬間、喉に違和感を覚え、一口だけで食べるのを止めましたが、次の日の朝起きた時には、全く声が出ませんでした。
病院に行くと、果物アレルギーということで、リネステロンというお薬をだされました。

 

先生が言うには、そのお薬は熱を下げる効果もあり、よく効くとのことでした。
確かに、次の日になるとだいぶ楽になり、声も出るようになりました。アレルギー性鼻炎薬

 

それがあってから、何かで調子が悪くなると、果物や野菜のせいだと思い、同じ病院に行っては同じ薬をもらい愛用していました。
ですが、ある日、知り合いの看護師さんに、リネステロンの話しをすると、「どうしてそんなキツイ薬飲んでるの!よっぽどでないとそんな薬出さないよ!」と言われました。

 

よく効くからといつも多めにもらい、家にストックしておくのが当たり前のようになってた薬が、副作用の強い危険な薬だとは思ってもみなかったのです。
私は、医療や薬の事には全く無知なただの主婦です。

 

お医者さんの言うことがすべてで、それ以上に考えることもしないですし、考える知識もありませんでした。
それからは、その薬を飲むのが怖くなり、すぐに薬に頼ることをせず、少しずつ減らしていくよう努力しました。

 

少しでもアレルギー体質を改善するために、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取し、アレルギーの原因となるものは口にしないよう気を付けるようにしました。
また、花粉などで症状が出た場合も、漢方薬を使用することによって、少しでも体に負担がかからないようにと気を付けています。ed治療薬ジェネリック比較

 

それから数年その薬は飲んでいません。医薬品に頼らないようにしたのが良かったのか、ヤクルトやヨーグルトを毎日飲むようになったからかわからないですが、今年はまだ花粉症もひどくなっていません。

 

子供もいるため、病院にお世話になることも多いですが、ついつい日常的に使いがちな医薬品も、どういった薬なのかきちんと知ってから使うことが大事だと思いました。

 

薬や治療は自分の状況に応じて利用することが大事

 

時々薬に関して、勘違いがあるように思うときがあります。
薬というのは、根本的な治療になるもの、対処療法のためのものに大きく分かれます。

 

根本的なものとしては、抗生物質、これは細菌を退治する薬ですので、必要なときにきちんと使うと病気退治に効果的ですが、1つ問題があります。
それは風邪の時に処方されてしまうこと、風邪はウイルスで感染する病気・・厳密にいうと風邪と言う病名はなく、咽頭炎、胃腸炎などの総称なのですが。バイアグラレビトラシアリス体験談

 

例えば風邪であっても咽頭炎が細菌感染である場合、そして本人の免疫力が落ちていたり、仕事などが休めず免疫を高める状況にない場合は効果的です。

 

しかしウイルス感染に抗生物質を使っても意味がありません。
病原菌との戦いにならないのです。それどころか、抗生物質は腸内細菌を殺すという副作用もあります。

 

どんな薬にも効果がある以上、必ず副作用はあるのです。メリット、デメリットを天秤にかけ、メリットの方が大きい場合は使うほうが良いですね。
また抗生物質は耐性菌が出来やすくなります。

 

つまり抗生物質を飲む習慣がついていると、耐性菌が出来る割合が高くなり、命に関わるようなときに、抗生物質が効かない体質になっていたりもするのです。

 

また対処療法の薬としては、鎮痛剤、風邪薬などがありますが、これらは治療薬ではなく症状を緩和するものです。
ただし、仕事に行くのに風邪の症状や頭痛がつらい、腰痛がつらい場合は、こういう薬を使った方が、充実した仕事が出来ますね。

 

ストレスを取り除くことで、病気の治りが早くなることはありますし、それ以前に本人が気分のいい生活が出来ます。
もちろん全く薬を使わない選択もあります。

 

このように、薬の特性を知って、きちんと使い分けることが大事です。
医者からの処方箋をもらう場合は、その理由や、自分の生活状況を話して見ると良いでしょう。デパス通販

 

自分の健康を守るのは自分自身、医師や薬はそのサポートです。
うまく力を借りれば、より良い生活が出来ますが、その反面デメリットも大きくなります。

 

「こうしたい」という希望を遠慮なく、医師、薬剤師に伝えましょう。

慢性病があって1週間に1回通院しております。
体調がそれほど悪いわけではなく毎回薬をもらうために診察をうけているようなものです。

 

診察内容は、体調を話して変わりなければいつもと同じ内容で処方箋が出されるだけです。
慢性病の場合、薬を常用しておりますが医者の診察を受けなければならないという意識はあまりありません。

 

薬だけほしいのですが長い待ち時間をかけて処方箋をもらっているように感じます。
また当たり前の話ですが医者からは自分の判断で薬を止めたり、薬の量を変更しないようにと言われます。

 

副作用が出るという話をしたら量を減らしてもらえますが患者も副作用が出てまで言われたまま服用はしません。
医療費自己負担を計算したところ昨年1年間で12万円ぐらいになりました。

 

また私の飲んでいる薬にはジェネリック薬はありません。ジェネリック薬を礼賛する気はありませんが
慢性病の場合は大きな金額になるためこれは大きいです。

 

年を重ねると何らかの持病があるのはあたりまえです。個人的には、持病とはうまく付き合っていくのが大事だと思っています。
要するに良化することはあまりなくても悪化することを避けて体調に気をつけて生活することだと思います。

 

毎回一定の薬を出すというより食事や生活スタイルなどで改善できるものなど薬以外の方法も併せて医者からの指導をしてほしいと思います。

 

また薬に関しては調剤薬局でお聞きするのですが薬の副作用や他の薬との飲み合わせなど肝心なことを聞くとと医者に聞いてくれといわんばかりでそのぐらいのことも答えられないのか、答えてはいけないのか、と思います。

 

以前から薬をたくさん出して儲けるという話がありましたが最近は相当少なくなってきていると思います。
それでも薬の乱用とかあるので薬剤師はその点については気をつける義務があるのだろうと思います。あがり症の薬

 

医者、薬剤師さんから、ちゃんとお聞きしたいのは副作用や服用方法です。
処方時に説明されるのですが患者も正しく理解しておかないと病状が悪化したり、なかなか直らなかったりします。

 

たまに飲み方間違っていたりして後で青ざめることもあります。
そういう意味で医者、薬剤師、患者のコミュニケーションも大切と思います。

日々の生活の健康の為に空気清浄機を使っています。
我家は家族3人みんな花粉症です。それもかなりひどい状態の花粉症です。

 

娘は1年中アレルギーで多い時は週2回耳鼻科へ少ない時でも週1回は耳鼻科へ行っています。
主人もひどく一番ひどい時期が春と秋です。その時期は咳もずっとしていますし、それに薬も飲んでいます。

 

薬を飲んでいないと生活が出来ないくらいです。そのアレルギーは耳まで出るので耳から汁まで出てきます。
それくらい主人もひどいです。私は春に一番ひどいです。とにかくくしゃみと鼻水がひどいです。

 

子供が一番かわいそうです。ひどい時は咳で夜の眠れないくらいです。
それにひどい時は薬もかなりの量を飲んでいます。まだ3歳だというのにすごくかわいそうです。

 

病院に先生が言うにはやはり薬は体に負担をかけるものなので飲まないなら飲まない方が良いみたいです。
娘は1年中飲んだりしているので、ちょっとだけ体調の良い時は1週間だけとか薬を飲まないようにしてみたりします。

 

しかし、それをすると後でまたひどい状況になってしまったりします。
なので、薬が手放せませんでした。それが、最近購入したのがすごく効き目があり今では家族全員病院に通わなくてもよくなりました。

 

それが一体何かというと、空気清浄機です。空気清浄機でも普通のただ空気を綺麗にするというそれだけではありません。
菌を殺すという作用のある空気清浄機です。

 

前から父が私にすすめていたのですが、気にもしていませんでした。
でもそれを販売している人が父の知り合いの人だったので話しを聞くとすごく効果があると言うので使ってみました。

 

そしたら、本当に効果があったのです。もうこの空気清浄機なしでは生きていけないくらいです。
あんなに薬を毎日飲んでいた娘がなんと最近は全然飲まなくても大丈夫になりました。ツゲイン

 

これは驚くべき効果です。子供の体がすごく健康になったと思います。
私達も病院に行かなくてもよくなったので医療費もかかりません。

 

娘はもともと無料なのですが、やはり病院に通わなくてもよくなるのはすごく良い事です。
薬も飲まなくても元気なので本当に良かったです。

色々な病気で苦しんでいる方は、たくさんいらっしゃると思いますが、糖尿病は、かなりつらい病気です。
親が糖尿病だと遺伝する可能性が高く、私も35歳の頃に、この病気が発覚しました。

 

最初は、糖尿病による、自覚症状が全く無かったのですが、のどが渇いたり、トイレに行く回数が増えて、変だなと思うようになりました。
そして、健康診断の時に、糖尿病の症状が出ているので、病院へ行く事を勧められました。

 

糖尿病により、高血糖状態が続き、治療をしないとさなざまな臓器に合併症が起きると医師に言われましたので、早速治療を開始しました。
治療法としては、基本的に、食事療法と運動療法です。デパス通販

 

そして、ストレスをためないようにと言われました。
私は、体格が良く、ぽっちゃり型なので、この2つの治療法は、かなりきついものが有りました。

 

スイーツが大好きでしたが、それも控えなくてはいけませんし、運動は歩くだけで、汗が噴き出て疲れきってしまいます。
けれども、この2つを根気よく長く続けていくように医師からのアドバイスを受けました。

 

お薬は、SU薬と言う物を出されました。
私の場合、まだそんなに症状が進行していなかったので、この薬でしばらく様子を見てみる事になったのです。

 

この薬は膵臓の細胞に働いてインスリンの分泌量を増やす効果があるそうです。
又、このお薬を飲んでも食事と関係なしにインスリンの分泌を増やすので、規則正しい食生活と併せて服用しなければいけないと言われました。

 

症状が悪化するとインスリンの注射を打たなければいけなくなるので、今までの生活習慣を変える事にしました。
又、糖尿病カードや糖尿病連携手帳を持ち歩く事を勧められました。

 

自分が重病人になったみたいで、最初は抵抗があったのですが、糖尿病の患者は、低血糖や高血糖になると意識を失ってしまう場合が有るので、自分が糖尿病の患者である事を人に伝えられなくなる可能性があるからいつも携帯するようにアドバイスを受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめサイトご紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ