糖尿病により、高血糖状態が続き

糖尿病により、高血糖状態が続きwww.kirkmarkarian.com

医療や薬の事には全く無知

2人の子供を持つ母親です。
私は、アトピーやぜんそく症状が出るほどではありませんが、果物を食べると声が出にくくなったり痒くなったりする、果物に対してのアレルギーや、花粉症のアレルギーがあり、季節の変わり目や特に春先は、とても辛い思いをしていました。アレルギー性鼻炎薬

 

ある日のことでした。メロンを食べた瞬間、喉に違和感を覚え、一口だけで食べるのを止めましたが、次の日の朝起きた時には、全く声が出ませんでした。
病院に行くと、果物アレルギーということで、リネステロンというお薬をだされました。

 

先生が言うには、そのお薬は熱を下げる効果もあり、よく効くとのことでした。
確かに、次の日になるとだいぶ楽になり、声も出るようになりました。ed治療薬ジェネリック比較

 

それがあってから、何かで調子が悪くなると、果物や野菜のせいだと思い、同じ病院に行っては同じ薬をもらい愛用していました。
ですが、ある日、知り合いの看護師さんに、リネステロンの話しをすると、「どうしてそんなキツイ薬飲んでるの!よっぽどでないとそんな薬出さないよ!」と言われました。バイアグラレビトラシアリス体験談

 

よく効くからといつも多めにもらい、家にストックしておくのが当たり前のようになってた薬が、副作用の強い危険な薬だとは思ってもみなかったのです。
私は、医療や薬の事には全く無知なただの主婦です。

 

お医者さんの言うことがすべてで、それ以上に考えることもしないですし、考える知識もありませんでした。
それからは、その薬を飲むのが怖くなり、すぐに薬に頼ることをせず、少しずつ減らしていくよう努力しました。

 

少しでもアレルギー体質を改善するために、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取し、アレルギーの原因となるものは口にしないよう気を付けるようにしました。
また、花粉などで症状が出た場合も、漢方薬を使用することによって、少しでも体に負担がかからないようにと気を付けています。

 

それから数年その薬は飲んでいません。医薬品に頼らないようにしたのが良かったのか、ヤクルトやヨーグルトを毎日飲むようになったからかわからないですが、今年はまだ花粉症もひどくなっていません。

 

子供もいるため、病院にお世話になることも多いですが、ついつい日常的に使いがちな医薬品も、どういった薬なのかきちんと知ってから使うことが大事だと思いました。

 

薬や治療は自分の状況に応じて

薬や治療は自分の状況に応じて利用することが大事

 

時々薬に関して、勘違いがあるように思うときがあります。
薬というのは、根本的な治療になるもの、対処療法のためのものに大きく分かれます。デパス通販

 

根本的なものとしては、抗生物質、これは細菌を退治する薬ですので、必要なときにきちんと使うと病気退治に効果的ですが、1つ問題があります。
それは風邪の時に処方されてしまうこと、風邪はウイルスで感染する病気・・厳密にいうと風邪と言う病名はなく、咽頭炎、胃腸炎などの総称なのですが。デパス通販

 

例えば風邪であっても咽頭炎が細菌感染である場合、そして本人の免疫力が落ちていたり、仕事などが休めず免疫を高める状況にない場合は効果的です。

 

しかしウイルス感染に抗生物質を使っても意味がありません。
病原菌との戦いにならないのです。それどころか、抗生物質は腸内細菌を殺すという副作用もあります。あがり症の薬

 

どんな薬にも効果がある以上、必ず副作用はあるのです。メリット、デメリットを天秤にかけ、メリットの方が大きい場合は使うほうが良いですね。
また抗生物質は耐性菌が出来やすくなります。

 

つまり抗生物質を飲む習慣がついていると、耐性菌が出来る割合が高くなり、命に関わるようなときに、抗生物質が効かない体質になっていたりもするのです。

 

また対処療法の薬としては、鎮痛剤、風邪薬などがありますが、これらは治療薬ではなく症状を緩和するものです。
ただし、仕事に行くのに風邪の症状や頭痛がつらい、腰痛がつらい場合は、こういう薬を使った方が、充実した仕事が出来ますね。

 

ストレスを取り除くことで、病気の治りが早くなることはありますし、それ以前に本人が気分のいい生活が出来ます。
もちろん全く薬を使わない選択もあります。

 

このように、薬の特性を知って、きちんと使い分けることが大事です。
医者からの処方箋をもらう場合は、その理由や、自分の生活状況を話して見ると良いでしょう。

 

自分の健康を守るのは自分自身、医師や薬はそのサポートです。
うまく力を借りれば、より良い生活が出来ますが、その反面デメリットも大きくなります。

 

「こうしたい」という希望を遠慮なく、医師、薬剤師に伝えましょう。

 

おすすめサイトご紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ